ブラウザゲーム「Square Line」公開

squareline_title

今回は、私が制作したブラウザゲーム「Square Line」を紹介していきます!


私はこれまでブログで色々なゲーム制作ツールの紹介記事を書いておきながら、サイト上に公開している自作ゲームは一本も無いという情けない状態だった訳ですが、この度ブラウザで動作するミニゲーム「Square Line」を制作したので、当ブログ上で公開することにしました!

このゲームは、私が以前にプログラム練習としてenchant.jsで制作したゲームが元となっています。ネット上では未公開でしたが、友人に遊んでもらった時にビジュアル面が好評で、このまま習作として終わらせるのは勿体無いと感じたので、新たに「Construct2」を使用してグラフィック・ゲーム性を強化して作りなおしたものとなります。

特殊なプラグイン等は必要とせず、下記のリンクから直接遊べるようになっています。ぜひ遊んでいただければと思います。


■ゲームを始める

gamestart


■ゲーム紹介

screen_guide
白い四角形の「Player(プレイヤー)」を操作し、上下左右から来る「Line(ライン)」に当たらないようにしつつ、スコア獲得を目指します。「ライン」に当たると、その時点でゲームオーバーとなり、タイトル画面に戻されます。

操作方法・注意点等

  • 方向キー…プレイヤーの移動
  • Zキー…スロー移動(時間経過・プレイヤー移動速度・ラインの速度が半分に)
  • Xキー…ゲームスタート(サウンドOFF)
  • Cキー…ゲームスタート(サウンドON)・サウンドON・OFFの切り替え

本ゲームの動作はChromeが一番安定しているため、ゲームプレイにはChromeを推奨します。(→ChromeブラウザDLリンク
※モバイル端末での動作およびゲームパッドはサポートしておりません。
※サウンドON時は音量にご注意ください。

スコア獲得の方法

  • Time counterが +1 されるごとに、スコアに10点加算
  • Whiteboxを取る…10 × comboの数(白箱をゲットした回数)
  • クロスライン(後述)…30 × Time counterの数

クロスライン

異なる四色のLineが互いに重なりあっている状態のとき、その四角の内側が赤く変化します。
crossline01
このゾーン内にプレイヤーがいた場合「クロスライン(Cross Line)」状態となり、Scoreを獲得できます。

また、クロスライン時の効果として

  • ・画面上のラインを全消去
  • ・60秒以上の場合、ラインの移動速度をリセット(Time counterが60の時のスピードに戻す)

が発生します。

攻略のヒント

ラインの少ない前半は白箱のコンボ数を増やすことに専念しましょう。後半はライン数が増えてWhite boxを取りにくくなるので、ラインの数が少ない前半がチャンスです。

そして60秒以降はクロスラインを狙いつつ、生き残ることが最優先です。Zキーによるスロー移動は何度でも無制限に使用できます。ラインの移動をスローで見極めつつ移動しましょう。

使用した音素材

BGM:Youtube オーディオ ライブラリより「two step」
効果音:フリー効果音素材 くらげ工廠 さんより


最近大規模なゲームはあまり作れていませんが、今回の「Square line」の元となったゲームのように、javascriptの練習を兼ねて制作したミニゲームはいくつかあるので、今後もそれらをゲームとして楽しめるレベルにまで作りこんで公開できるように頑張りたいと思います。

次回のゲームもお楽しみに!